12015年、本校舎を仁木町へ

仁木本校

2006年春、北海道芸術高等学校は十勝清水に特区の学校として開校いたしました。多くの方からご支持をいただき、おかげさまで毎年生徒数も増加し、2013年春には在校生徒数が1,000人を超えることになりました。
そして開校10年目を迎える2015年春、生徒への更なる教育環境の充実を考え「学校法人化」そして、それに伴う仁木町への「本校移転」を決意し、実行いたしました。

2人、自然、食物、満点の豊かさ

札幌中心部から50km、車で80分、積丹半島の
付け根にある町で、海に近く、山川にも恵まれています。
サクランボ、りんご、ぶどうなどの果物と、
トマトやイチゴなどの野菜、米づくりが盛ん。
のどかな農村地域です。

仁木町

仁木町

キャンパスメッセージ

東郷昌弘教頭
副校長 上平 承一

スクーリングで本校を訪れた生徒の最初の感動は、バスから降りて校舎の前に立つ時。ここは私の学校なんだ。凄い気持ちが大きくなる感じ。
そして学校の敷地に建っているドミトリー「The Snowflake」に入った時2つ目の感動が… 自然の材料をそのまま活かした清潔感溢れたインテリアに、ちょっとした驚きが… さあ、これで北海道らしさたっぷりの勉強と宿泊の環境が整いました。ここからは生徒と生徒、生徒と先生の感動のドラマが幾つ作れるかです。日頃キャンパスで通学スタイルや自宅学習スタイルで勉強している生徒でも全ての生徒が平等に直接面接指導が受けられます。
この1週間で新しい自分らしさをたくさん、発見し、感動し、きっと大きな成長につなげることができることでしょう。