ブログ

不登校でも可能性を否定してはいけません

2017年10月10日
テーマ:体験,授業

不登校を経験してきた方でも、

学校に通う楽しみを実感していただきたい。

芸術科目を学ぶことは、まさに自分の成長が実感できる

そんな科目だと考えています。

 

普通科目はテストや学力検査で自分の立ち位置を確認しますが、

芸術科目は体が理解してくれる、体に染みついてきている

そんな体験が毎日できる科目なので、

明日も学校に来れば、またきっと出来るようになると

自分の未来に期待が持てるという特徴があります。

 

また、この芸術科目の学習は、進路指導であるとも言えます。

将来の夢や目標に近づくために、毎日進路指導を行っているのです。

在籍コースが、そのまま将来の進路に該当する事もありますし、

その経験から興味や関心が広がって、違う分野で頑張りたいと思う、

それでもいいのではないでしょうか?

専門学校ではないので、自分の将来や未来を限定する必要もありません。

そのまま突き進むのも良し、違う分野を見つけるのも良し

北芸の芸術教育は、自分の可能性を決して否定しません。

それは中学校に行けていない、高校にも行けていないなど

不登校を経験した方でも同じこと、可能性は否定しません。

 

だから、私たちの教育理念は

「表情もまた学力である」なんです